漢方薬でしっかり体質改善

admin post on 1月 31st, 2013

病院へ行くほどではないのだけれど、なんだか体調がイマイチな方におすすめしたいのが、漢方薬です。肩こりや腰痛、めまいや頭痛、生理のときの不調など、ちょっとした体のトラブルを改善することができたらもっと毎日が楽しくなると思いませんか。西洋薬と違って副作用も少なく、根本的な体質改善ができるというのが大きな魅力のひとつです。原材料も自然の植物や動物からできているので、エコやナチュラルブームが続く昨今では、女性誌や健康雑誌、テレビなどでも取り上げられることが多くなり、世間一般の認知度も高まっているといえるでしょう。どの薬を飲めばいいのでしょうか。それにはまず自分の体質を知ることです。自分の体質を知るには、漢方の専門医や薬剤師のいる病院へ行って相談するのが一番です。専門医はあなたの舌や脈、顔色や生活の様子を触診、問診でじっくりと聞き出してくれます。体質がわかったら、あなたの体が抱える問題を治してくれる漢方薬を処方してくれます。西洋薬のようにすぐには効果は出ませんが、あわてずあせらずじっくりとお薬を飲んでいくと、いつの間にか体質改善され元気いっぱい不調知らずの健康生活を手に入れることができることでしょう。

あなたにあった漢方薬で体質改善

漢方医学は2000年以上の歴史を持つ、臨床実験をもとにした治療体系で、人と自然のバランスを整え、病気が発生する原因を根本から治療する医学です。西洋医学は化学合成された薬を「病気」に対して用いるのに対して、漢方医学は植物や鉱物、動物の一部など自然界の「生薬」を人間の体質改善のために用います。病状に薬を用いるのではなく、その病気になる状態を引き起こした根本的な人間の性質を整えるのが漢方薬というわけです。漢方では「陽と陰バランス」を重視します。このどちらかに偏るのではなく、中庸がベストな状態とされます。基本的に漢方薬で行われる体質改善はこのバランスを整えるものと考えてよいでしょう。漢方薬には生薬を煎じた「煎じ薬」と、それを濃縮させた「エキス剤」、固形にした「錠剤」があります。もっとも効果があるのは煎じ薬ですが、手間がかかることからエキス剤で服用されるのが一般的です。服用は基本的に食間に行います。空腹時に飲むことで吸収されやく効果が現れやすいとされています。ただ毎回欠かさず継続的に服用する必要がありますので、やむをえない場合は食前食後に服用してもよいでしょう。漢方はその人の体質に合ったものを選ぶことが大切です。自分で薬を選ぶのではなく、専門の薬剤師や医師に相談したほうがよいでしょう。