漢方薬による体質改善

admin post on 1月 31st, 2013

私は小さいころから体がとても弱く、いつも微熱を出しては病院にかかっていました。ですので母親が心配をして、栄養のあるドロップを食べさせたり、体に良いと言われるドリンクを飲ませてくれました。けれども大きな変化は見られませんでした。19歳になるとぜん息を発症しました。その後も歳を経るごとに、アレルギー性鼻炎が出たり、食物アレルギーが出るようになっていました。食物アレルギーは、一般的な蕎麦アレルギーから始まり、牛乳もダメになり、なぜかホウレン草にもアレルギー反応が出るようになってしまいました。相変わらず微熱もしょっちゅう出て喉は腫れ、一年中薬を飲んでいる状態でした。私はただ薬を飲むだけでは対処療法でしかないと思い、体質改善をしようと思いました。そして同僚の勧めもあり、漢方薬を取り入れてみようと思ったのです。その同僚もまた体質改善のために、保険のきく病院で漢方薬を処方してもらっているというのです。私はさっそくその病院を紹介してもらいました。まず始めに今現在自分が困っている症状や体質、生活リズムやよく食べるものなど、事細かに問診票に記入しました。そしていよいよ診察です。まずは先生が選んでくれた漢方薬で様子をみることになりました。

漢方薬で体質改善をして健康になろう

人はそれぞれ体質というものがあります。身の回りの人達を見回したときに、見た目のイメージで、いつも元気な人、血行の良さそうな人、ひ弱そうな人など思い当たる人がそれぞれいるのではないでしょうか。それは、その人の基本的な体質をあらわしている場合が多いのです。そのような体質だからと言って、特に病気になることは少ないでしょう。しかし、何となく病気にかかりやすい、または病気まではいかないけれども、普段の生活をしていて具合がよくないことがあるという症状をお持ちの場合が多いのではないでしょうか。そのような状態ですと、病院にかかってみてもらうほどでもないので、なんとなくそのままにしてしまっている人が多いのが実情です。しかし、そこを改善するのが漢方薬です。漢方薬には体質改善をするという効果があります。その人の体質にあった漢方薬を服用することで、体質改善を行い、日常のなんとなく調子が悪いという症状を改善することができるのです。その人の体質に合ったものを服用しますので、副作用の心配も少ないといえるでしょう。病気になる前に体質改善を行うことで、病気を防ぐことができます。これこそ、健康への近道といえるのではないでしょうか。